ワンルームレイアウトの部屋作り

design部屋を広く使いたい人は・・   imgワンルームに便利でおしゃれな家具を紹介
小ぶりなソファや、折りたたみのテーブルなら部屋を広く使えて便利です。
数千円から一万円代まででセレクトしてみました。要チェックです!
Happy Selection

ワンルームのレイアウトはインテリアのコーディネートの中でも一番難易度の高いといえるかもしれません。なぜかというと、例えば2LDKを例に考えると団らんの場としての役割はリビングに、上質な睡眠を得るための場所としての役割は寝室という具合に役割ごとに専用の部屋を割り当てることが出来るので、ワンルームと比較して解決すべき問題が少ないということが挙げられるからです。

ワンルームの場合は一つの部屋にたくさんの機能を集中させなければならないので色々と無理が出てくるのです。


ワンルームコーディネート画像

六畳スクウェアタイプ画像

クリックで少し大きな画像が表示されます。
3185mmx3185mm  6畳スクエア型
ワンルームに寝室的要素とリビング的要素、さらに書斎の要素と詰め込んでいるので広さの部分では妥協しています。

六畳スクウェアイメージ画像

クリックで少し大きな画像が表示されます。
表示インテリア画像の家具サイズ目安:ソファがカリモクのKチェア2シーター、ベッドが無印の脚付きマットレスと同サイズになっています。

ワンルームレイアウトのコツ

ワンルームのレイアウトのコツは、どこかで妥協することです。生活するうえで、重視する要素をコーディネイトすればするほど、狭くなるのは仕方がありません。

例えば、リビング、寝室、書斎、ダイニング、収納等の各要素から多くても3つくらいを選択してコーディネートするのが上手くワンルームの部屋作りをすすめるコツです。

収納の少ない部屋なら、収納用のスペースを十分に確保して残りの部分に必要な要素を足して行くといった手順で部屋作りのレイアウトを進めていくのが上手くいくコツです。

収納スペースはおしゃれに部屋を仕上げようと思ったら最低限必要なので、この要素は外せません。その他の要素に使えるスペースがどのくらい残っているか分かればソファーやベッドなどを選ぶ際のサイズの目安にもなります。

関連項目

縦長ワンルームのレイアウト紹介

広告掲載に関するプライバシーポリシー


QLOOKアクセス解析